新着情報!!

力石の家新築工事

2018年02月26日

大きな吹き抜け空間は杉板ラフ仕上げ!!

 
力石の家新築工事の難所である内壁板張りが始まりました!!4.2mの吹き抜けを介して2階(ロフトのように低い)全ての壁に表面を荒らした杉赤身板を張ります。ラフな仕上がりですがコーナーや枠との取り合いは全て突きつけにしエッジを出すことにより抑制の効いた空間になるよう納まりを検討しました。また設計当初からお施主様と相談し素材が持つ質感が大切なので板は無塗装とすることに決めております。大きな塊として杉板が杉板らしく仕上げられることがこの空間には求められている。